Profile

(c) Yukie Arai

荒井ゆきえ  Yukie Arai

長野県長野市生まれ

滋賀県大津市在住

1995 京都精華大学 陶芸コース 卒業
1996 京都精華大学 陶芸コース研究科 修了
1998 京都市工業試験場 修了
1999 日本伝統工芸近畿展 入選 (2001-17)
2005 日本伝統工芸展 入選 (2007, 09-15)
2011 「重要無形文化財『白磁』伝承者育成」研修生 (2012)
2014 京都高島屋 美術画廊 三人展 (2016)

2017 第28回 秀明文化基金賞 受賞

個展

ギャラリー永井, 大阪心斎橋 (2002-13, 15, 17)
京都高島屋 美術工芸サロン (2002, 04, 06)
ながの東急 美術画廊 (2003, 08)
朝日堂アートサロンくら, 京都 (2007, 14)

ほか

(公社)日本工芸会正会員



【作家と呼応するように佇む、作品に寄せて】

陶芸に関して、私はまったくの門外漢だ。
作家が何を使って、どのように作品を
作っているのか、まったく理解していない。
私が見るのは、いつもギャラリーに並ぶ完成品だけ。
苦悩も努力も試行錯誤も「そんなものは、知りません」
といった顔で並ぶ、荒井ゆきえの世界。
無垢で純粋で儚げで、それでいてなんとも
あたたかく、ユーモラスな。
美しい陶芸として昇華された
しなやかさだけが、微笑みながら凛と佇んでいる。
そこに荒井ゆきえという人のひととなりと
アーティストとしての気品を
私は、いつも感じるのだ。

松本知子 / コピーライター

1973年生まれ。
2002年の展覧会から作家の作品を
見守り続ける“荒井ゆきえウォッチャー”。
作家とは20年来の友人。


【作家の国境を越える第一歩を祝して】

秋の午後の京都、清水寺への参道で
ふと立ち寄った「荒井ゆきえ個展」。
外国人観光客が目立つ中、
彼女の代表作の一つである花器に釘付けの男性がいた。
米国の会社役員の仏人で、旅行経験も豊富らしい彼が、
「こんなものは初めて見た」と言う。
清らかなむくげの花を、温かみあるチョークで描いた壺に、
すっかり魅了された様子。
名残り惜しそうにギャラリーを出る彼に約束した。
荒井ゆきえのウェブサイトができたら連絡する、と。
今ここに彼のために、そして世界中の人々のために、
彼女の作品に通じる窓ができた。

佐藤ノヘア / 翻訳家

作家と知り合ってまだ数年ながら
彼女のターニングポイントに現れる
不思議な縁を持つ。





Contact

展覧会案内をご希望の方は メッセージを添えて

リンク先のフォーム または Eメール でお問い合わせください。

 

(c) Yukie Arai